Sep 1, 2005

遠足(?)

八達嶺

今日は国際会議のexcursionで, 万里の長城と明十三陵に行ってきました.ずっとバスで移動していましたが, 渋滞にはまってしまって修学旅行のような日程でした. 万里の長城では「1時間後にバスに戻って来てください」といった感じ. 幸運だったのは, 北京に来てずっと「もや」がかった感じだったのですが, 今日はすごくいい天気.久々に青空を見た気がします. 郊外だからかな? と思いましたが北京市内も青空だったので, 「もや」がどこかに飛んで行ったのでしょう. 風も強かったですし.

まずは万里の長城. 具体的には, 北京の北東60km程の所にある八達嶺(Badaling)でした. ここはガイドブックを見ると最初に載っている程「観光地」です. 駐車場から発券所までは, お土産物やさんの列. さらに帽子等はいらないかと, みんなに声をかける売り子さんがいました. ただ, みんな私をスルーしていきます ^^;; そんなに「物を買いそうにない」オーラがでていたのでしょうか….

長城

長城自体は, 「山登り」です. 当然地面は石畳で舗装されているのですが, 比較的緩やかと言われる右側の坂を登ったのですが, 急な階段になっている所もあり段の高さもばらばらで歩きにくい. ただ, 湿度は高くないので辛くはなかったですね. 1時間とそんなに時間はなかったので, 遠くまではいけませんでしたが, 風もあってすごく気持ちよかったです. ところで, 昔から思っていた「砦の中ってどうなっているんだろう?」という疑問.答えは…何もありませんでした…. 多分公開されてない場所があるんでしょうけどね^^;;

象の椅子

明十三陵は, 明時代の皇帝のお墓です. ただここは地下宮殿に行って, もうバスの時間という感じだったので,そんなに印象には残ってないかな…. 地下も「あれ? もうおしまい?」って感じでしたし…. 地上部分にあった椅子が象の形になっいてちょっとかわいかったです.

本当に駆け足でまわった感じのexcursionでした. ただ,個人的には, 「万里の長城に行った事がある」と言えるようになった事が, 今回の中国出張の一番のメリットだったかも知れません.

No comments:

Post a Comment